実践コース(2)

スピリチュアルケアワーカー養成講習会

開講講座一覧 2年次

 理論コースを修了した人が受講できるコースです。実体験にまさる学びはありません。しかし、受講生もさることながら、関わる対象者を守るために、スーパービジョンと臨地実習は欠かせません。そして本講習を修了して現場で今まさに活動している講師陣からも、生々しい現場の息吹が感じられる講義も聞き逃せません。
 ほとんどの講座は90分を1単位として2単位です。中には4単位のワーク主体の講座もあります。また講習会場は一部を除いて関西で行われています。講義終了後、原則として2週間以内にA4用紙1枚以上2枚以内のレポートを提出していただき採点されます。

  科目 内容 講師 講義の内容 ( )内は単位数
5/14
13~14pm
ガイダンス 学習の流れや実践方法を案内する    
5/14 14-16:30m SC実践論1 スーパービジョンの概論 山添 正 本講義は、スピリチュアルケアワーカー(SCW)養成におけるスーパービジョンの意義と課題と実際について学びます。(2)
5/15
9-12
SC実践論2 スーパービジョンの基礎 Ⅰ 山添 正 本講義は、カウンセリングの過程をカウンセラーとクライエントの両方の立場より学び、この過程の中で生起する現象をテーマ別に学び、その後、自らカウンセリングを実施してそれを記録し、発表することで、カウンセリングとスーパービジョンのモデルを系統的に学びます。授業を⒊回に分けたのは、カウンセリングは即習が出来ないので、本講座では確実にスーパービジョンの前提である、ケースとかかわるカウンセリングの基本の知識と技術を身につける為に、時間をかけて学習する為です。(2)
5/15
13-16
SC実践論3 スーパービジョンの基礎 Ⅱ 山添 正 スーパービジョンの基礎Ⅰの続き(2)
6/24
13-16
SC実践論4 認知症(若年性含)トータルケア 藤本直規 認知症についての基礎的な理解と、認知症(若年性含む)のトータルサポートについて紹介する。もの忘れクリニックとして、外来診療、来院できない方への往信、認知症のデイサービス、家族会、相談活動、専門職指導を行っており、認知症ご本人、ご家族、医療やケアにかかわる専門職の人々をトータルにサポートすることについて、受講者の理解を深めます。(2)
6/25
9-12
SC実践論5 スーパービジョンの基礎 Ⅲ 山添 正 スーパービジョンの基礎Ⅰの続き (2)
6/26
13-16
SC実践論6 虐待と家族・地域支援とケア 中川泰彦  
7/10
13-16
SC実践論7 スーパービジョンの基礎  Ⅳ 山添 正  
7-11
9-12
SC実践論8 発達障害と家族のケア 辻 亨 子どもたちの意識・習慣・未来を変える取組み~福祉臨床の立場から~我国の子どもたちが置かれている現状、社会的養護の実際を理解する。被虐待や発達に課題を抱える子どもたちの暮らし(生活の支援)と育ち(治療的アプローチ、社会自立、家庭支援など)について。(2)
7/11
13-16
SC実践論9 在宅ケア 白山宏人 多死社会を踏まえ地域全体でどう関わっていくかが課題となっています。医療や制度の発達により様々な状況でも自宅で過ごす事も可能となりました。私たちの関わりでは、患者さんや御家族の人生観・価値観を尊重し、大切な時間を日々重ねていくことを目標としています。そのためにスピリチュアルケアは大変重要です。現状の取り組みや課題について、事例報告も併せてお話させて頂きたいと思っております。(2)
8/25
13-16
SC実践論10 スーパービジョンの基礎 Ⅴ 山添 正  
8/26
9-12
SC実践論11 精神障碍と共存 関谷眞澄 「障害」「障害者」を人ごととしてではなく、自分自身のこととして捉えていける視点が、「援助」という仕事にかかわる人(「専門職」)に欠かせない資質である。同時にその感性と視点が一人よがりにならないために欠かせないのが、「知識」であり「内省力」である。本講義では、「障害とは」という根本的な問いに立ち返り、受講者も講師もともに自分なりの「障害観」や「援助」の視点を深めていくことを目的とする。講義を通して「障害との共存」をどのように捉えるか、「存在としての人」という視点が明確になることを目指す。(2)
8/26
13-16
SC実践論12 緩和的ケアと実存的苦悩 鳥井千嘉 広義での緩和ケアの意味を理解する。狭義での緩和ケアの意味を理解する。実存的苦悩を理解し、介入方法を検討する。ケアギバーが自分自身にも実存的苦悩があることを理解することで、他者への介入方法を考え、感じられることが出来るようにする。(2)
9/1013-16 SC実践論13 足湯とスピリチュアルケア 辻 雅栄 足湯を用いた傾聴トレーニングをおこなうことから、他者に寄り添い、傍らに立つ者としてのあり方を学びます。(2)
9/11
9-12
SC実践論14 死者の夢とスピリチュアルケア 山添 正  
9/11
13-16
SC実践論15 家族による家族のケア 山添 正  
10/15
9-16
SC実践論19 助産師活動とスピリチュアルケア
佐藤弘子  
周産期(妊娠・出産・産褥・育児)のスピリチュアルペインの発現を学び、いのちの連鎖・いのちの育みへのスピリチュアルケアを考える。(4)
講習会場は岐阜県高山市千光寺に変更
10/16
9-16:30
SC実践論17 臨床瞑想法 大下大圓 本講座は、スピリチュアルケア実践者の為のスキルアップに瞑想を学びます。またクライアントへのセラピー(心身療法)として、臨床瞑想法の基礎理論と基礎実習を学習します。(4)
講習会場は岐阜県高山市千光寺に変更
11/8
9-16
SC実践論16・18 スーパービジョンの実際 Ⅰ.Ⅱ 山添 正 そもそも臨床心理学の世界においてもスーパービジョンの本が初めて出版されたのが2001年であり、私たちの協会がスーパービジョンを初めたのは、私たちの協会設立2年目の2007年であり、日本において受講生の教育に本格的なスーパービジョンを導入したのは、大変早い時期からであると言えます。それは、私たちがスピリチュアルケアワーカーの教育においてスーパービジョンを重視しているという事です。(2)
12/16 13~
12/17 ~15
SC援助論20 箱庭療法とスピリチュアルケア 山添 正 本講座は、スピリチュアルケアワーカーのケア力をつけるために、自己理解・他者理解を箱庭療法という臨床心理学の方法をとおして高めることを学びます。また学び方として、セラピーの技法として箱庭療法を実際に自ら実施してみることで実践的に学びます。(4)
1/9
13-16
SC援助論21 ゲシュタルト療法とスピリチュアルケア 池田佳子  
1/10
9-12
SC援助論22 スーパービジョンの実際 Ⅲ 山添 正 本講義では、倫理の具体的テーマを取り上げるので、各自これまでの生活で、また現在の生活の中で主体的に倫理の問題を取り上げ、考える力をつける。(2)
1/10
13-16
SC援助論23 シャーマニズムとスピリチュアルケア 濱田秀樹  
2/4
10-16
SC援助論24 スーパービジョンの実際 Ⅳ 山添 正 他 本講義は、スピリチュアルケアワーカー(SCW)養成におけるスーパービジョン(SV)の全体スーパービジョンを通して、スーパービジョンの実際を学びます。SCは、実践の学問です。クライエントと直接向き合い面接し、ケースワークを行うためには、SCW個人の人間性とコミュニケーション能力が必要とされます。SVは、講義で学習した一般理論と実際に個別のケースをケアするという現実の個別的かかわりの溝を埋め、クライエントのケアを進めるための能力を実践的に育成する」ことを目的としています。(4)
  総合レポート
2年次修了レポート
  この1年で学んだこと」をA4レポート1枚以上2枚以内。