受講資格

基礎コース

①特に条件はありません。対人関係・コミュニケーションに関心をお持ちの全ての人に開講しています。
②また、理論コース、実践コースにはいくつかの基礎コースの科目が受講必須科目になっています。理論コースを受講される方で、当協会認定や学会認定を受ける場合は、基礎コースの科目の一部が必須科目になると言うことです。

理論コース

①医師、看護師、薬剤師、などの医療系対人援助職の資格を有する者
②社会福祉士、精神保健福祉士、介護士、保育士などの福祉系の対人援助職の資格を有する者
③臨床心理士、産業カウンセラーなどの心理系の対人援助職の資格を有する者
④教師、スクールソーシアルワーカーなどの教育系対人援助職の資格を有する者
⑤僧侶、その他、①〜④の資格を持たないが、対人援助のための諸機関による講習の修了者、またはスピリチュアルケアに関心が有る者、または臨床心理学に関心がある者は、動機等についての面接で受講の可否を決定する。

実践コース

①スピリチュアルケアワーカー養成講習1年次の修了者で、面接・書類審査の上、受講の可否を決定します。
②その他、(1)と同等の能力があると認められたもの。(例、他の講習会を受講している人)